【K-1】各階級の体重と歴代チャンピオン一覧まとめ!最新

皆さんは完璧ですか?

K-1の階級ごとに設けられている体重制限が何kgなのか。

 

よく格闘技を見る人、
または少しでも格闘技経験のある人なら、
反射的に答えられると思います。

しかし、今まで興味がなかったような、
最近格闘技を見始めたファンの卵には
何が何やらさっぱりだと思います。

しかもルールや大会によって
体重が違うとなると更にややこしいですね。

 

ここでは『K-1』の階級体重と、
歴代チャンピオンをまとめていきます。

タイトルマッチや王者決定トーナメントが行われるたびに随時更新していく予定です。

スポンサードリンク

【K-1】各階級の体重早見表

バンタム級 -53kg
スーパー・バンタム級 -55kg
フェザー級 -57.5kg
スーパー・フェザー級 -60.0kg
ライト級 -62.5kg
スーパー・ライト級 -65.0kg
ウェルター級 -67.5kg
スーパー・ウェルター級 -70.0kg
クルーザー級 -90.0kg
ヘビー級 無差別

 

ちなみにここで紹介しているのは『K-1での階級体重』です。

というのも各団体・競技で微妙に設定体重が違うからです。

例えば、バンタム級で比べると、

DEEP -61.2kg
UFC -61.2kg
RIZIN -61.0kg
ONE -65.8kg

ボクシング -53.52kg
K-1 -53.0kg

総合格闘技とボクシング・キックボクシングで大きく差がありますね。

そして同じジャンルでも国や大会でまた差が出ています。

 

同じ『バンタム』という階級でもそれぞれ違うのでお気をつけください!

ここで紹介する階級の設定体重はK-1グループのみの話です!!

 

引用:https://twitter.com/nkmrtkm_k1

 

【K-1】スーパー・バンタム級 -55kg

 

絶対王者の武居由樹。

今話題の玖村修平・玖村将史兄弟。

ルーキー金子晃大などがいます。

 

初代 武尊(たける)

 

2015年4月19日に獲得。

防衛1回で返上。

 

第2代 武居由樹

 

2017年4月22日に獲得。

現スーパー・バンタム級王者。

スポンサードリンク

【K-1】フェザー級 -57.5kg

 

新生K-1で話題の選手が多い階級です。

 

モデルの高橋ユウと結婚した卜部弘嵩。

引退が騒がれている芦澤竜誠。

スランプを乗り越えつつある小澤海斗。

西京兄弟の兄・西京春馬。

あいのりで有名になった大滝裕太。

空手兄弟の兄・朝久裕貴。

期待のルーキー江川優生。

 

 

初代 武尊(たける)

 

2016年11月3日に獲得。

防衛1回で返上。

 

第2代 村越優汰

 

2018年6月17日に獲得。

現フェザー級王者。

防衛1回。

 

【K-1】スーパー・フェザー級 -60kg

 

武尊&皇治がいる新生K-1屈指の人気階級。

 

武尊と並ぶ人気の皇治。

鎖で有名な大岩龍矢。

耳の聞こえないK-1ファイター郷州征宜。

ベテラン小宮山工介。

ニコラス・ペタスの弟子レオナ・ペタス。

安保兄弟の弟・安保璃紅。

 

 

初代 卜部功也

 

2015年1月18日に獲得。

 

第2代 卜部弘嵩

 

2015年11月21日に獲得。

 

第3代 大雅

 

2017年2月25日に獲得。

 

第4代 武尊(たける)

 

2018年3月21日に獲得。

スポンサードリンク

【K-1】ライト級 -62.5kg

 

卜部兄弟の弟・卜部功也。

ゴンちゃんことゴンナパー ・ウィラサクレック。

 

初代 ウェイ・ルイ

 

2017年2月25日に獲得。

防衛1回。

 

第2代 卜部功也

 

2018年3月21日に獲得。

 

第3代 林健太

 

2019年3月10日に獲得。

 

【K-1】スーパー・ライト級 -65kg

 

ゲーオが長く活躍する階級です。

 

殴り込みでインパクトを残した不可思。

ONEに行ってしまった平本蓮。

K-1初のマスクマン左右田泰臣。

遅咲きの佐々木大蔵。

ギリギリベルトを手にできない大和哲也。

剛腕の山崎秀晃。

 

 

初代 ゲーオ・ウィラサクレック

 

2014年11月3日に獲得。

防衛2回。

 

第2代 野杁正明

 

2017年6月18日に獲得。

防衛1回で返上。

 

第3代 ゲーオ・ウィラサクレック

 

2018年11月3日に2度目の獲得。

 

第4代 安保瑠輝也

 

2019年6月30日に獲得。

スポンサードリンク

【K-1】ウェルター級 -67.5kg

 

長く人気のある選手が多い階級です。

チャンピオンの久保優太選手と戦いたがっている選手が多く、
その中の誰と戦っても良い試合になりそうです。

 

K-1屈指の人気ファイター木村フィリップミノル。

お笑い担当の城戸康裕。

2階級制覇に挑む野杁正明。

日本人相手無敗の怪鳥ピケオー。

 

 

初代 久保優太

 

2017年9月18日に獲得。

防衛2回。

 

【K-1】スーパー・ウェルター級 -70kg

 

マラット・グレゴリアンとチンギス・アラゾフが圧倒的な強さを誇りました。

しかし両選手ともなかなか日本で試合をしてくれないので盛り上がりにくい階級です。

 

初代 マラット・グレゴリアン

 

2015年7月4日に獲得。

 

第2代 チンギス・アラゾフ

 

2017年6月18日に獲得。

防衛1回。

 

【K-1】クルーザー級 -90kg

 

日本のエースとして上原誠や、
アメリカのMMA団体Bellatorから来た加藤久喜がいる階級です。

クルーザーとヘビーは海外選手が強いので、
新生K-1ではあまり盛り上がっていない階級です。

 

初代 シナ・カリミアン

 

2018年9月24日に獲得。

防衛1回。

スポンサードリンク

【K-1】ヘビー級  無差別

 

クルーザー級同様、
ここも新生K-1では盛り上がりに欠けています。

選手層の薄さからくる試合数の少なさも問題ですね。

 

初代 アントニオ・プラチバット

 

2017年11月23日に獲得。

 

第2代 ロエル・マナート

 

2018年3月21日に獲得。

 

【K-1】階級の体重や選手について まとめ

 

皆さんはどの階級が好きですか?

どの階級が好きかは本当に人それぞれです。

好きな選手がいる階級であったり、
激しいKOが好きだったり、
目にも止まらぬ駆け引きが好きだったり。

 

おそらく新生K-1では、
バンタム級からライト級くらいまでの軽い階級が人気です。

私はパワーとスピードが混在する
ライト級からスーパー・ウェルター級あたりが好きです。

 

ここの情報は王座決定トーナメントや
タイトルマッチに合わせて更新していきます。

スポンサードリンク
おすすめの記事