今回は、

新生K-1で圧倒的な強さを誇り、

ファンにK-1全盛期の記憶を呼び起こさせた

チンギス・アラゾフ選手です!

 

見た目はマフィア!w

筋肉はステロイド疑惑が出るほど!w

 

そんなアラゾフの、

入場曲、戦績などのプロフィール、

さらには、

その圧倒的な強さと、

世界の猛者たちグレゴリアンやペトロシアンとの試合

動画で紹介させていただきます!

スポンサードリンク

チンギス・アラゾフのwiki的プロフィール【K-1】

引用:https://www.instagram.com/chingizallazov/

 

名前:チンギス・アラゾフ

本名:Chingiz Ayazovich Allazov

異名:Chinga、欧州の覇王

生年月日:1993年6月10日

年齢:25歳

血液型:?型

出身:ジョージア/アゼルバイジャン

国籍:ベラルーシ

身長:181cm

体重:70kg

階級:スーパー・ウェルター級

スタイル:オーソドックス、スイッチ

所属:チヌックジム→グリディンジム

 

インスタグラム:@chingizallazov

ツイッター:なし

フェイスブック:@chingizallazovofficial

ブログ:なし

 

チンギス・アラゾフの経歴

引用:https://www.instagram.com/chingizallazov/

スポンサードリンク
ジョージアとアゼルバイジャンの国境付近、

ガルダバニという街で生まれ、

1994年(当時1歳)に家族でベラルーシへ引っ越します。

 

10歳ですでにキックボクシングを始めていて、

13歳の頃にはタイでプロと戦っていたそうです。

 

2009年にベラルーシの名門チヌックジムに入門し、

16歳でプロデビューします。

チヌックジムは東欧の有名なジムで、

選手に月一回以上のハイペースな連戦をさせます。

日本では考えられないですねw

並みの選手なら悲鳴をあげながら壊れてしまいます。

 

数々の大きな大会で連勝して、

名を上げていきます。

GLORY、ベラトール、クンルンファイト、

A-1、K-1、ファイトコード、オクタゴン、

WAKO(世界キックボクシング団体協会)など、

世界中どこでも結果を残しています。

 

日本では2017年6月18日のK-1で、

中島弘貴、ピケオー、城戸康裕らをなぎ倒して、

第2代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者になったことで脚光を浴びます。

あまりにも強かったため、

『K-1が世界レベルの選手を連れてきた』と、

大きな話題となりました。

 

チンギスアラゾフの戦績と獲得タイトル

 

戦績

アマチュアキックボクシング

200試合以上 197勝 3敗 117KO勝利

プロキックボクシング

58試合 54勝 3敗 1無効試合 34KO勝利

獲得タイトル
  • 2014 A-1 World GP -70kg王者
  • 2015 A-1 World GP -70kg王者
  • 2015 WAKO -70kg世界王者
  • 2015 クンルンファイト グループHトーナメント-70kg優勝
  • 2016 WAKO -72.5kg世界王者
  • 2017 第2代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者

(2018年11月3日現在)

 

2018年11月現在で、

コンバットプレスのライト級(70-72.5kg)

世界ランキング6位にランクインしています。

 

ちなみに、

3位はグレゴリアン

2位はペトロシアン

1位はタイのシッティチャイ・シッソンピーノン

 

この世界ランキング上位3選手が、

それぞれ一回ずつアラゾフに勝っているので、

アラゾフのプロキャリアに3敗をつけたのは彼らです。

スポンサードリンク

チンギス・アラゾフの入場曲は?

 

アラゾフの入場曲は意外にも落ち着いた曲。

映画『ラスト・オブ・モヒカン』のメインテーマ曲を使用しています。

 

引用:youtube.com

 

『ラスト・オブ・モヒカン』とは、

1992年にアメリカで公開された映画で、

イギリスとフランスがアメリカで植民地戦争をしている時の、

男の戦いと恋を描いた作品です。

 

おそらくアラゾフはこの映画をこよなく愛しているんでしょう。

映画に出てくるモヒカン族の男が、

愛のために命を削って戦う姿に自分を重ね合わせて、

試合に挑んでいるのかもしれません。

 

アラゾフの強さ

引用:https://www.instagram.com/chingizallazov/

 

強い選手って動きが段違いですよね。

 

アラゾフは他のK-1選手と比べものにならないくらい、

強いフィジカルとテクニックを持っています。

試合中に重心のブレが全くなく、

綺麗でスムーズな打撃を繰り返します。

コンビネーションをどの姿勢から繋げても、

体重が乗っていて、

速くて隙のない一撃を放ちます。

パワーもさることながら、

超ハイレベルのテクニックが最大の武器です。

 

さらには、

オーソドックスでありながら、

サウスポーにスイッチしても戦えるので、

試合中の対戦相手は苦労します。

 

ノーモーションで放たれるハイキック、

的確に打ち込める重いパンチを持っていながら、

相手によっては組み付きが増えたりと、

流動的にファイトスタイルを変えられます。

これに耐えながら戦える選手はなかなかいません。

 

アラゾフの試合 日菜太・ペトロシアン・グレゴリアン

引用:https://www.instagram.com/chingizallazov/

 

K-1では同じく海外から来たスター選手の

ペトロシアン、グレゴリアンと比べられることが多いですね。

 

「日本人ばかりで面白くない」と、

言われることも多くなってきたK-1ですが、

彼らは世界トップレベルの選手たちです。

 

格闘技マニアも納得の試合をしてくれます。

スポンサードリンク

チンギス・アラゾフ vs 日菜太 【K-1】

 

2018年3月21日で日菜太と戦ったのですが、

強さが異常です・・・

日本人のこの階級で日菜太はかなり強い選手なんですが、

正直一方的な試合内容でした。

 

ハイキック、ローキック、ミドルキック、

どれも完璧なのに、

ボディに重いフックをぶち込んできて、

最後はカウンターの左フック・・・

なんでもすごいレベルでこなすので、

逆に弱点が全くわかりません。

 

引用:youtube.com

 

チンギス・アラゾフ vs ペトロシアン 【ベラトール】

 

アメリカのベラトールで、

ペトロシアンとも戦っています!

 

新旧K-1王者対決として日本人からも注目されていたのですが、

ここはペトロシアンが勝ちました。

これでアラゾフはプロキャリアに3つ目の黒星がつきました。

ペトロシアンはプロ91試合をこなして、

まだたったの2敗しかしていないので化け物ですw

 

ペトロシアンは、

旧K-1で2009年と2010年にトーナメント優勝を果たしています。

アンディ・サワー、アルバート・クラウス、

マイク・ザンビディスなどすごい時代ですね。

 

引用:youtube.com

スポンサードリンク

チンギス・アラゾフ vs グレゴリアン 【GLORY】

 

この試合は2013年なのでお互いにまだ若いです。

アラゾフが20歳で、グレゴリアンが22歳。

偶発的に当たった肘によるカットで、

無効試合になっていまいました。

 

約半年後に再戦が行われ、

グレゴリアンが勝利しました。

その試合の映像は見つからなかったので、

気になる方はもう一度探してみてください。

 

若いのにものすごいクオリティの試合を見せています。

当時からテクニックはほぼ完成していたのがわかりますね。

 

引用:youtube.com

 

チンギス・アラゾフ まとめ

 

アラゾフがいかに強いか、

どれほど世界トップクラスなのか、

解説させていただきました。

 

今の新生K-1に対する見方が変わったはずです。

これほど強い選手が、

もっと日本にきてくれるようになれば、

K-1は間違いなく復活を遂げます!

 

有名になればなるほど、

ファイトマネーが上がるので試合を組みづらくなってしまうと思いますが、

K-1には頑張って彼らを呼んでもらいたいですね。

スポンサードリンク
おすすめの記事