今回紹介するのは、

難聴と向き合いながらの格闘技でチャンピオンになり、

子供達に勇気を与え続けている

郷州征宜選手です!!

 

支えてくれる奥さんや、

過去のいじめ、

野球で甲子園出を経験しているなど、

掘り下げて紹介させていただきます!

スポンサードリンク

郷州征宜のwiki的プロフィール

引用:www.k-1.co.jp

 

名前:郷州力 → 郷州征宜(ゴウシュウ マサノブ)

本名:郷州征宜

異名:希望の革命戦士

生年月日:1986年4月10日

年齢:32歳

血液型:?型

出身:神奈川県秦野市

身長:172cm

体重:60kg

階級:スーパー・フェザー級

スタイル:オーソドックス

所属:PHOENIX → K-1ジム総本部チームペガサス

 

郷州征宜の経歴

 

東海大甲府高校で甲子園出場。

さらにはベスト4進出までを果たします。

 

高校卒業後は格闘技に熱中し、

2011年にRISEでプロデビュー。

当時はPHOENIX所属でした。

 

2014年にEテレ『ろうを生きる 難聴を生きる』で特集されています。

 

2016年にK-1参戦を目標とするために、

K-1ジム総本部チームペガサスへ移籍。

同年にK-1参戦を果たします。

2017年に悲願の初タイトルKrush-60kg王座獲得。

 

引用:https://www.instagram.com/riki_goshu/

 

郷州征宜の戦績と獲得タイトル

 

戦績

31試合 24勝 7敗 0分 7KO勝利

獲得タイトル
  • RISING ROOKIES CUP 2012 スーパー・フェザー級優勝
  • 第6代Krush -60kg王者

(2018年4月9日現在)

スポンサードリンク

郷州征宜の入場曲は?

 

格闘家の入場曲というとノリノリでテンションをあげる曲が多いですが、

郷州征宜選手の場合は違います。

「Travie McCoy - Billionaire ft. Bruno Mars」

トラヴィー・マッコイとブルーノ・マーズの非常に心地よい音。

ノスタルジックな気分にさせられて、

耳に残るので何度も聴いてしまう曲ですね。

 

引用:youtube.com

 

郷州征宜は難聴でいじめられていた

 

郷州征宜選手は3人兄弟の末っ子なのですが、

長男だけが健聴で、

両親も耳が聞こえない家庭で育ちました。

 

郷州征宜選手も、

生まれつき難聴を患っているのですが、

そのせいで小さい頃はいじめられていたそうです。

耳が聞こえないとうまく発音できませんよね。

地元にある普通の小学校に通っていたそうなので、

小さい頃のコミュニケーションは大変だったと思います。

小さい子供はそんなことわかりませんから。

 

いじめられていた子は塞ぎがちになりますが、

郷州征宜選手はそんなヤワな男じゃなかったようです。

今ではそんな過去を想像できないほどの立派な格闘家です。

Krushでタイトルを獲得した時は、

まさに努力は報われるという感じでした。

 

ボクシングの内藤大助選手も

幼少期にいじめられていたというのは有名ですね。

強くなって見返してやろうと始めて、

チャンピオンになるなんてまるで夢物語です。

 

スポンサードリンク

郷州征宜は甲子園ベスト4の高校球児

 

郷州征宜選手の高校時代は、

難聴によるハンディキャップを乗り越えての高校野球。

東海大甲府高校で甲子園ベスト4まで行ってます。

 

その時も郷州征宜選手は

難聴のハンディキャップを克服した高校球児」

として取り上げられています。

 

何も聞こえない中で行うスポーツは

想像を絶する難しさだと思います。

特に野球は「声を出してこー」ってスポーツですしw

 

その中で甲子園出場。(代打で2安打)

さらにはベスト4だなんて、

いかに優れた身体能力を持っていたのかわかります。

 

おそらく動体視力はかなり鍛えられたのではないでしょうか。

野球での経験が格闘技にも生かされているのでしょう。

 

郷州征宜は結婚してる!奥さんもすごい!

引用:https://www.instagram.com/riki_goshu/

 

郷州征宜選手の奥さんも耳が聞こえないようで、

耳が聞こえないあるあるや、

難聴の二人の夫婦生活をマンガにしてブログに綴っています。

『耳の聞こえないまりものマンガ日記』

かなり面白い内容ですし、

二人の仲がすごく良いのがわかります。

 

漫画を描くほど絵も上手なので、

応援タオルの似顔絵も奥さんが描いてます。

郷州征宜選手の試合には多くの子供達が来ていて、

そのタオルを見ることができます。

 

Krushのタイトルを獲得した際には、

前からの約束だったリング上でのお姫様抱っこをしています。

それがまた泣けます;;

詳しくは下に貼った試合動画を見てください。

スポンサードリンク

郷州征宜の試合

 

惜しいところでタイトルを逃し続けてきた中で、

悲願のタイトルを獲得した「Krush.81」安保璃紅戦。

試合後に行ったマイクパフォーマンスが感動的です。

郷州征宜選手の試合には、

難聴を患っている子供達が招待されています。

その子達や試合を見た難聴者たちに送った

「耳が聞こえなくても健常者の中で一番になれる!」

このメッセージで多くの難聴者が勇気付けられたでしょう。

 

 

郷州征宜 まとめ

 

郷州征宜選手は、

日本中の耳の聞こえない子供達に勇気を与え続けています。

「難聴でも野球できる」

「難聴でもキックボクシングチャンピオンになれる」

次はK-1でタイトル獲得頑張って欲しいですね!

『第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント』

惜しくも武尊選手に敗れましたが、

諦めずに挑戦し続けてくれるはずです。

スポンサードリンク
おすすめの記事