今回は破壊力抜群の蹴りを武器に、

各格闘技団体で活躍していて、

キック70kg級で日本一とも言われている

日菜太選手です!

 

「最後の挑戦」というアラゾフ戦が終わり、

引退も間近なのでしょうか?

ここではそんな日菜太選手のミドルキックや、

結婚、試合を紹介させていただきます!

スポンサードリンク

日菜太のwiki的プロフィール

引用:www.k-1.co.jp

 

名前:日菜太(ヒナタ)

本名:渡辺日菜太

異名:ライジングサン、湘南の腕殺し

生年月日:1986年8月26日

年齢:32歳

血液型:O型

出身:神奈川県平塚市

身長:181cm

体重:70kg

階級:スーパー・ウェルター級

スタイル:サウスポー

所属:クロスポイント吉祥寺

 

日奈太の経歴

 

小学生の時から母親の影響で空手をしていて、

平塚学園高校を卒業してからは、

湘南格闘クラブに入りキックボクシングを始めます。

格闘家としては珍しく、大学も卒業しています。

神奈川大学理学部化学科卒です。

 

2005年にRISEでプロデビューを果たし、

持ち前のキックでメキメキと頭角を現します。

 

2009年には旧K-1のK-1 MAXに参戦し、

現在も同階級で活躍する城戸康裕選手や、

キシェンコ選手にも勝利しています。

 

旧K-1が終了してからは、

舞台をREBELSやBLADEに移していましたが、

現在は新生K-1で戦っています。

 

ファイトスタイルはキックが主体で、

とにかく強烈な左ミドルキックが特徴です。

蹴りだけ相手を倒すこともしばしばあります。

 

引用:https://www.instagram.com/hinata19860826/

 

日菜太の戦績と獲得タイトル

 

戦績

63試合 45勝 18敗 0分 15KO勝利

獲得タイトル
  • 初代RISE70kg級王者
  • REBELS.70kg王者

(2018年4月10日現在)

スポンサードリンク

日菜太の入場曲は湘南乃風!

 

日菜太選手の入場曲は珍しく邦楽です。

『湘南乃風 - 晴伝説』

入場曲はEDMが多いですが、

やっぱり好きな曲で入場するのが一番ですね。

 

引用:youtube.com

 

日菜太は結婚してる?

 

調べて見たのですが、

女性は出てこないので結婚してないみたいですね。

 

インスタやツイッターには、

猫や犬などの動物が大量に出てきますw

動物がかなり好きなようで、

家でもトラとチビ太という2匹の猫を飼っています。

 

これは結婚から遠のく一つの条件ですねw

めちゃくちゃ可愛い猫なので、

寂しくなさそうですがw

 

引用:https://www.instagram.com/hinata19860826/

 

日菜太の強烈すぎる左ミドルキック

 

日菜太選手といえば「ミドルキック」ですね。

左だけで7種類の蹴りを出せるほど、

多彩で強力なキックが武器です。

しつこいローキックで相手を立てなくしたり、

三日月蹴りで一発KOなど、

ガードしてもそこから壊れていくイメージですね。

相手はかなり怖いはずです。

 

学生時代はサッカー部で活躍していたそうなので、

その当時からレフティモンスター張りのキック力があったことでしょう!

 

アンディ・フグや初期のブアカーオに憧れていて、

パンチはあまり好きじゃないようです。

それでもパンチでノックダウンさせたこともあるので、

決して蹴りだけなわけではありません。

 

そんな日菜太選手がYouTuberになってましたw

『HINATA』というチャンネルでキックのコツなどをレクチャーしています!

キックボクシング好きは必見でかなり為になりますよ!

 

引用:youtube.com

スポンサードリンク

日菜太の試合や引退について

 

キックで名を馳せていた日菜太選手ですが、

ここ数年はKO勝利がないので、

威力は弱まっているのかもしれません。

それでもしつこいように蹴り続けるキックと、

それを支えるスタミナには驚かされます。

 

しかし現在のスーパー・ウェルター級には、

絶対王者のチンギス・アラゾフ選手がいるので、

日菜太選手もタイトルには手が届きません。

あまりにもチンギス・アラゾフ選手が強すぎるので。

2018年3月21日のK'FESTA.1で

タイトルマッチに挑戦した日菜太選手ですが、

鼻を折られてのKO負けでした。

 

 

引用:youtube.com

 

日菜太の引退は?

 

日菜太選手はこの試合の前に

「これが最後の挑戦です」と話していたので、

もしかすると引退が近いのかもしれないですね。

長年やってきた70kg級に現れたチンギス・アラゾフに、

心を折られていたら引退ですが、

日菜太選手のブログに

チンギス・アラゾフ選手との試合動画と共にこう書いていました。

「恥ずかしい自分、悔しい自分、結果を残せなかった自分、全部見つめなおして生きて行く。」

まだまだやってくれるかもしれませんね!!

 

日菜太 まとめ

 

猫が大好きな日菜太選手ですが、

かなり優しい人のようです。

リング上で泣いてる姿も何度か見たことがあります。

「心が折れなきゃ負けじゃない」

こう話す日菜太選手の挑戦はまだ続きそうです。

強烈なミドルキックを武器に、

スーパー・ウェルター級のタイトル取って欲しいですね!

打倒チンギス・アラゾフは険しい道になるとは思いますが。

スポンサードリンク
おすすめの記事