今回ご紹介するのは、

デビューから負けなしで無敗の世界チャンピオン

京口紘人選手です!

 

唯一負けた相手は「シャコ」!?

どうぶつ奇想天外で行われた、

『モンハナシャコ』との

パンチ力対決で敗北していましたw

ここではそんな京口紘人選手の、

出身校や兄弟、

辰吉丈一郎から教わった強さについて、

戦績や入場曲なんかも紹介させていただきます!

スポンサードリンク

京口紘人のwiki的プロフィール

引用:https://twitter.com/hirotok1127

 

名前:京口紘人(きょうぐち ひろと)

本名:京口紘人

異名:The Dynamite Boy

生年月日:1993年11月27日

年齢:24歳

血液型:O型

出身:大阪府和泉市

身長:161cm

リーチ:164.5cm

体重:47-55kg(ミニマム級リミット47.627kg以下)

階級:ミニマム級

スタイル:サウスポー

所属:ワタナベボクシングジム

 

京口紘人の経歴

 

父親が空手道場を持っていることから

3歳から空手を始めました。

12歳の時には、

兄の京口竜人さんの影響でボクシングを始めます。

中学、高校時代は憧れの辰吉丈一郎さん直々に指導を受けて、

メキメキと頭角を現します。

 

2016年大学卒業と同時にプロデビューし、

怒涛の9連勝で現在に至ります。

 

無敗の世界王者となった京口紘人選手ですが、

その裏には浪速のジョーこと

世界王者の辰吉丈一郎さんがいたんですね。

プライベートでは辰吉丈一郎さんを

「ジョーちゃん」と呼ぶほどの仲です。

 

京口紘人の戦績と獲得タイトル

引用:https://twitter.com/hirotok1127

 

戦績

プロ戦績:10試合 10勝 0敗 0分 7KO勝利

アマチュア戦績:66試合 52勝 14敗 0分 8KO勝利

獲得タイトル
  • 第20代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座
    (防衛1回)
  • IBF世界ミニマム級王座
    (防衛2回)

(2018年6月2日現在)

 

ボクサーは勝てば周りから何も言われる事はありません。

10戦10勝の全勝戦績が物語る通り、

ウィークポイントは出てこない選手です。

まだ24歳と若く、

今後の活躍が大いに期待されています。

 

京口紘人の入場曲はオリジナル楽曲

 

レゲエとボクシングの融合を掲げる

『RSC拳闘倶楽部』が、

世界戦に合わせて楽曲を作成したようです。

『未来のCHAMPION - 鉄板ホルモンz』

 

メンバーのレゲエアーティスト達は、

みんな京口紘人選手にボコられたことがあるそうです!

 

引用:youtube.com

スポンサードリンク

京口紘人の兄や姉について

 

京口家は4人家族で、

伯父と父親は『聖心會』という空手道場を持ち、

姉は空手経験あり、

兄は元プロボクサーという格闘家一家です。

 

兄・京口竜人について

引用:https://twitter.com/Green_tsuda

 

兄の京口竜人選手は、

名門帝拳ジムに所属していて、

『辰吉2世』の呼び声の高いボクサーでした。

 

しかし、2015年にボクサーとして致命傷の

『一般人に対する傷害事件』

帝拳ジムを解雇されてしまいました。

 

その後、心を入れ替えてグリーンツダジムに移籍しましたが、

今度は2017年に、

『飲酒運転で追突事故』を起こしてしまいました。

罰金70万円の略式命令が下り、

グリーンツダジムを解雇され引退しました。

 

ボクサーとしては非常に将来有望な選手でした。

何せ辰吉丈一郎さんが実力を認め、

直接指導を買ってでた位の逸材でした。

しかし、傷害事件を起こし流石に帝拳ジムも解雇しました。

トラブルメーカーを抱えるのもジムの評判に関わります。

いくら、センスのある選手でも超えてはいけない一戦です。

 

それでも、グリーンツダジムは拾ってくれました。

1年間のライセンス剥奪期間はありましたが、

永久追放ではなかったのが救いでした。

 

しかし、飲酒運転による事故で、

タクシーの運転手が軽症を負い

事態を重く見たグリーンツダジムは

解雇と同時に引退を発表しました。

非常に勿体ないボクサー人生となってしまいました。

 

姉・真琴さんについて

 

お姉さんの真琴さんは既に既婚しており、お子さんもいます。

高校時代は空手の大会で連続優勝した事があり、

空手を非常に得意としています。

格闘一家の血を姉の真琴さんもしっかり継承しています。

現在は殆ど空手をやってはいないようです。

 

スポンサードリンク

京口紘人の彼女や結婚は?

引用:https://twitter.com/hirotok1127

 

皆さんが1番知りたい情報ですよね。

あらゆる情報をまとめると、

現在彼女はいないようです。

 

世界チャンピオンになる為に生まれてきた選手ですからね。

今はボクシングに集中と言ったところではないでしょうか?

但し、こういう問題は表に出る事は少ないですから

実際は彼女がいるかも知れないですが、

まだマスコミにリークされていない可能性はあります。

 

世界チャンピオンですからマスコミ的には

この手のゴシップ系の記事は美味しい所ですが、

どのマスコミも全く触れていないところを見ると

彼女はいない可能性がやはり高いですね。

 

それかマスコミと協定を結んでいるか??

マスコミとの協定には、

次回防衛するまで発表を待ってなど様々なものがあります。

 

京口紘人の出身校は?

引用:https://twitter.com/hirotok1127

 

高校は大阪府立伯太高等学校で、

最終学歴は大阪商業大学卒業です。

大阪生まれの大阪育ちというやつですね。

 

大阪商業大学のOBには

数多くのプロ野球選手や元プロ野球選手がいます。

またサッカー選手も同様です。

非常にスポーツが活発な大学です。

 

そんな中京口紘人選手はボクシング部で腕を磨いていました。

ボクシングの場合は個人競技ですからね。

選手が1人でも教える人がいればいいわけです。

勿論、これだけスポーツが活発な大学ですから

ボクシング部もある程度の人数はいます。

 

世界チャンピオンが輩出された事で、

大阪商業大学のボクシング部も注目を集める事になりました。

やはり世界チャンピオンは別格と捉える人が多いですね。

今後も大阪商業大学から続々とプロの世界に進む選手が出るかも知れません。

そういった意味では京口紘人選手の功績は、

大学に取って非常に大きなものがあったと言えます。

 

スポンサードリンク

京口紘人の強さは辰吉丈一郎から

引用:https://twitter.com/hirotok1127

 

The Dynamite Boyと呼ばれているように、

ミニマム級では非常にパンチ力があります。

左のボディブローアッパーを得意としており、

試合の進め方が非常に上手い選手です。

サウスポーですが、

右も強打を炸裂させる事が出来ます。

右のパンチで仕留める事が出来るのは非常に大きな強みです。

 

これが京口紘人選手の強さです。

何せプロ入りして10戦10勝です。

試合では常にロープに追い込んでいきます。

こうなると相手はかなり厳しい戦いを強いられる事になります。

これが京口紘人選手のボクシングスタイルです。

ロープに追い込んでしまい猛打がさく裂します。

 

アッパーも得意ですが、

とにかくボディブローが強烈です。

これまで多くの選手を得意の左のボディブローでダウンを奪ってきました。

キャンパスに沈める事の出来る脅威のパンチ力です。

とてもミニマム級の選手のパンチではありません。

まともにボディーブローを食らった選手は先ずダウンをします。

最初は耐える事が出来ても、

ラウンドを重ねるにつれてきつくなってきます。

そこにとどめのボディーブローと

右のストレートのコンビネーションで試合を決めます。

 

ちなみにこのボデーブローは、

辰吉丈一郎さんから細かく全てを教わった

『伝家のボディブロー』です。

それはもう強いわけです。

 

引用:https://twitter.com/hirotok1127

 

京口紘人 まとめ

 

普段は優しい顔つきをしていますが、

試合になるとその表情は一変し、

勝負師の顔になります。

そしてミニマム級にしては

非常に破壊力のあるパンチが大きな武器になっています。

 

辰吉丈一郎直伝のボディブローという武器で、

現IBF世界ミニマム級王者に君臨し、

2度の防衛に成功しています。

 

普段は体重は55キロくらいありますが、

試合の時は(ミニマム級リミット47.627kg以下)まで体重を落とします。

約8キロの減量が試合をするたびに待っていますが、

特に減量で苦しむタイプの選手ではありません。

今後の飛躍が大いに期待出来る選手です。

スポンサードリンク
おすすめの記事