今回は日本人なら誰でも知っている、

K-1のカリスマこと魔裟斗さんの紹介をしていきます!

魔裟斗さんの選手プロフィールや全盛期の強さ、

引退理由、そして現在の活動まで解説していきます!

スポンサードリンク

魔裟斗のwiki的プロフィール

引用:http://hiyake1696.com/4705/

 

名前:魔裟斗(マサト)

本名:小林雅人(コバヤシ マサト)

異名:反逆のカリスマ

生年月日:1979年3月10日

年齢:39歳

出身:千葉県柏市

身長:174cm

体重:70kg

階級:ウェルター級

スタイル:キックボクシング

所属:シルバーウルフ

 

魔裟斗の経歴

 

幼い頃は親の都合で転勤が多く、

千葉→沖縄→埼玉と

引越しの多い生活を送っていました。

 

高校までは埼玉で暮らし、

スポーツ強豪校の埼玉栄高校に進学するも、

途中で中退。

中退後は様々な職を転々とし、

15歳の頃にボクシングジムへ入門します。

魔裟斗さんのボクシングスキルが高いのは、

この時の経験のおかげなんですね。

 

しかしプロテスト当日にドタキャンし、

そのままジムを去り、

17歳で今度はキックボクシングジムへと入門します。

プロボクサーになっていたらどんなキャリアを歩んでいたんでしょうか。

それでもいいところまでは行ったのでしょうけどね。

 

1997年、

プロデビュー戦を1RKOで飾るも、

二ヶ月後に行われたプロデビュー2戦目で

小比類巻貴之選手と対戦し3RKO負けを喫します。

その後2000年からK-1に参戦し、

2003年と2008年には

K-1 WORLD MAXで世界王者にまで上り詰めます。

2009年、アンディ・サワーとの試合に勝ち、

惜しまれながらも引退を表明しました。

 

2015年には、

2191日ぶりの試合として、

『KYOKUGEN』というTBSの年越しスポーツ特番でリングに上がりました。

対戦相手は伝説の試合の再戦ということで、

山本キッドさんでした。

まさかこの二人がまたぶつかるとは誰も思っていなかったため、

期待値は最高潮でした。

引退後もトレーニングを欠かさず、

さらには、

試合前にタイで1ヶ月以上の修行をこなしてきた魔裟斗さんの

現役時代を思い出させるような蹴りに会場は大盛り上がり。

しかし、

当時現役でUFCファイターだった山本キッドさんは、

そこまで本気を出すこともなく、

魔裟斗さんの判定勝利となりました。

 

2016年にも『KYOKUGEN』で、

現役UFCファイターの

五味隆典選手との試合もありました。

判定は無しのドローとなりましたが、

両選手とも熱い試合をしてくれました。

 

スポンサードリンク

魔裟斗の戦績と獲得タイトル

引用:http://synopsisnews.com/a/20151106083005.html

 

戦績

64試合 56勝 6敗 3分 25KO勝利

獲得タイトル
  • 第19代全日本キックボクシング連盟ウェルター級王座(0度防衛)
  • ISKAオリエンタル世界ウェルター級王座(0度防衛)
  • K-1 WORLD MAX 2002 日本代表決定トーナメント 優勝
  • K-1 WORLD MAX 2003 日本代表決定トーナメント 優勝
  • K-1 WORLD MAX 2003 世界一決定トーナメント 優勝
  • K-1 WORLD MAX 2004 世界一決定トーナメント 準優勝
  • K-1 WORLD MAX 2007 世界一決定トーナメント 準優勝
  • K-1 WORLD MAX 2008 世界一決定トーナメント 優勝

(2018年9月30日現在)

 

魔裟斗の全盛期の強さ

 

魔裟斗選手が現役で活躍していたのは

今から約10年以上も前のことです。

 

当時は格闘技が一番盛り上がっていた時期であり、

日本人の中でも魔裟斗選手の強さは群を抜いていました

 

魔裟斗選手の全盛期といったら、

やはり2003年〜2008年頃でしょう。

2003年、K-1 WORLD MAXで

日本人初優勝を果たしてからの勢いは

凄まじいものがありました。

 

ブアカーオやアンディ・サワーなど、

キックボクシング界の伝説達とも肩を並べて激闘を繰り広げており、

日本中が注目をしていました。

 

当時は魔裟斗さんの人気に嫉妬した、

アンチと呼ばれるような人たちが、

魔裟斗さんの強さは偽物で作られたものだと主張する人たちもいました。

実際にK-1が魔裟斗さんを贔屓にしていたのはあったかもしれませんが、

強い選手であったのもまた事実です。

当時の旧K-1では判定に疑問を持つようなシーンもありましたが・・・

 

スポンサードリンク

魔裟斗の本名、名前の由来は?

引用:https://www.instagram.com/masato.official/?hl=ja

 

魔裟斗選手の本名は、

小林雅人ですがなぜ魔裟斗という

名前をリングネームにしたのでしょうか?

 

このリングネームは、

魔裟斗選手がプロデビュー時に

所属していた藤ジムの会長・加重重夫会長が

名付け親だそうです。

 

当初は、藤 山海山(ふじ さんかいざん)

という名前を付けようとしたものの、

魔裟斗選手がこれを拒みました。

確かに、藤 山海山はちょっと嫌ですよね笑

魔裟斗さんのイメージとまったく合いません笑

 

そして2番目に提案されたのが、

本名の『まさと』に当て字をした『魔裟斗』で、

結局そのまま魔裟斗に落ち着いたそうです。

魔裟斗選手は当初、

『暴走族みたいで嫌だった』

『漢字を書くのが面倒だった』

とあまり乗り気ではなかったそうです。

しかし今考えると魔裟斗ほどピッタリと

マッチする名前はないかもしれませんね!

 

魔裟斗の試合

 

今までに60戦近くもの試合をこなしてきた魔裟斗選手ですが、

その中でも必見の試合を紹介します!

今回紹介するのは、

2004年の大晦日、『Dynamite!!』で行われた一戦です。

対戦相手は神の子・山本KID選手です。

 

スポンサードリンク
今でこそ山本KID選手のことは誰もが知っていますが、

当時はまだ立ち技経験も少なく、

魔裟斗選手との対戦は早いと言われていました。

しかし、格闘技ファンの中には、

それまでの山本KID選手の快進撃から、

これはなにかが起こる!

とかなりの期待も寄せられていました。

 

そしてこの一戦は、

10年以上経った今でも語り継がれる伝説的な一戦です。

 

引用:youtube.com

 

見ればわかりますが、

緊張感がハンパないです。

一瞬でも気を抜いたら、

すぐにやられる空気感が伝わってきます。

結果的には魔裟斗選手の判定勝ちとなりましたが、

途中山本KID選手がダウンを奪ったり、

ローブローを受けたりと不利な状況の中闘う姿はさすが神の子です。

 

魔裟斗の引退理由は?

引用:https://www.instagram.com/masato.official/?hl=ja

 

魔裟斗選手は、

30歳の頃に現役を退きました。

30歳という年齢は、

格闘技の世界では決して若くはありませんが、

現役で続けている人はたくさんいます。

また、魔裟斗選手自身、

どこか怪我をしていたわけではありません。

ではなぜ、まだ闘えるにもかかわらず

引退を決意したのでしょうか?

 

魔裟斗選手曰く、

『全盛期にもっと見たいと惜しまれながら引退するのが理想』

だったそうです。

確かに、実力が衰えていく

カリスマの姿は見たくありませんね。

 

もう一つの理由としては、

今までパンチドランカーになった格闘家をたくさん見てきた。

自分はそんな風になりたくなかった、

とも語っていました。

トーナメントになると、

1日に何試合もこなさないといけません。

ハードに打ち合った時には、

大会当日から2、3日後までの記憶がスッポリないなんてこともあったそうです。

普通に家族とタイトル祝いの旅行に行ってるのですが、

その期間の記憶が無かったりするそうです。

恐ろしい世界ですね・・・

 

2児の父である魔裟斗さんは、

自分がボロボロになってパンチドランカーになるような姿を

子供には見せたくなかったのでしょうね。

引退理由からも、魔裟斗選手の哲学が伺えますね。

 

スポンサードリンク

魔裟斗は現在何をしてる人?筋肉は現役以上!?

 

魔裟斗選手の引退から10年近くが経ちましたが、

果たして今は何をしているのでしょうか?

引退直後はバラエティやCMなど、

メデイアへの露出も激しかったのですが、

最近ではたまに見かけるくらいですね。

 

2015年12月31日には山本KID選手との10年ぶりの対決、

2016年の大晦日には五味隆典選手との対決など、

一夜限りの現役復帰で再びファンを熱狂させてくれています。

 

また、現役から遠ざかった今でも

筋トレは欠かさずやっているそうで、

ムキムキの筋肉をキープしています。

 

引用:https://www.instagram.com/masato.official/?hl=ja

 

むしろ現役の時よりマッチョですね笑

私生活で隙を見つけるとすぐに筋トレに励んでいるそうです。

引退してブヨブヨになってしまっている選手は結構いますが、

これほどだと逆に笑っちゃうくらいの筋肉ですね。

 

他にもK-1の解説や

美ボディを競うコンテスト『Best Body Japan』の審査員、

過去の職業である、

解体屋、配管工時代の経験を活かしたテレビ仕事など、

幅広く活躍をされています。

 

魔裟斗 まとめ

 

今回は魔裟斗選手のプロフィールから、

全盛期の強さまでその魅力に迫ってきました!

引退から10年以上たった今でも

数々の試合が語り継がれています。

そのことからも、

魔裟斗選手のカリスマ性が伺えますね!

スポンサードリンク
おすすめの記事