今回は現役高校生ファイターとして大活躍し、

将来がかなり期待されている

タネヨシホ選手です!

 

なんでもハイレベルでこなし、

ムエタイテクニックが非常に高いと評判です。

那須川天心選手に続いて新たな神童として注目されています。

 

ここではそんなタネヨシホ選手の、

韓国人疑惑や兄弟、入場曲、試合など

wiki的プロフィールと共に紹介させていただきます。

スポンサードリンク

タネヨシホのwiki的プロフィール

引用:http://www.knockout.co.jp/fighter/bantam/3373/

 

名前:タネ ヨシホ

本名:多根嘉帆(タネヨシホ)

異名:リトルサイボーグ

生年月日:1999年10月2日

年齢:19歳

血液型:A型

出身:大阪府

身長:165cm

体重:53kg

階級:バンタム級

スタイル:空手

所属:直心会

 

タネヨシホの経歴

 

2015年に16歳でプロデビューし、

怒涛の9連勝でかなり注目を浴びました。

 

2018年6月には

『KNOCK OUT ノックアウト』で、

初代フライ級王座決定トーナメントに参戦します。

期待されているのがわかりますね。

 

タネヨシホの戦績と獲得タイトル

引用:https://twitter.com/kick777yoshiho

戦績

13試合 11勝 1敗 1分 5KO勝利

獲得タイトル
  • DEEP☆KICK53kg級初代王者
  • WBCムエタイ日本統一フライ級王者
  • 2016年INNOVATIONバンタム級新人王

(2018年6月3日現在)

 

タネヨシホの入場曲は犬夜叉!

 

格闘家の入場曲といえばEDMや

オリジナルテーマだったりすることが多いですが、

タネヨシホ選手の入場曲は、

超有名アニメ『犬夜叉』のテーマソングです!

犬夜叉が大好きらしいですが、

1999年生まれって犬夜叉のアニメが放送されてた時期は

まだ小さいですよね?

名作はどの世代の子にも知れ渡ってるんですね。

 

【半妖犬夜叉】

 

引用:youtube.com

スポンサードリンク

タネヨシホは韓国人で在日なの!?国籍を調査!

 

韓国人のような顔つきと、

カタカナのリングネームから、

「何人?在日韓国人なのでは?」

という噂があります。

 

タネヨシホって見慣れない名前ですよね。

でも漢字に直すと多根嘉帆です。

意外に普通の名前?

ちなみにもともと多根嘉帆表記だったのですが、

「漢字だと読めない人がいるからカタカナにしろ!」

と会長に言われてリングネームを変えたそうですw

 

普通に日本生まれ日本育ちであることは間違いなさそうですが、

親が韓国人なのかもしれません。

外国人の血筋でも日本名を使用していることがあるので、

正直わかりませんね。

色々写真を見てると

「普通に日本人じゃない?」

ってなってきました...

 

引用:https://twitter.com/kick777yoshiho

 

タネヨシホの兄弟は多根嘉輝

 

タネヨシホ選手は4人兄弟で、

一文字違いの多根嘉輝という兄がいます。

 

兄の多根嘉輝さんもキックボクシング選手だったのですが、

もう引退していて現在はジムのトレーナーをしながら

タネヨシホ選手のサポートをしています。

兄弟でしか気づけないようなところに

気づいてくれるそうです。

 

多根嘉輝さんもまだかなり若いので、

もし復帰したらタネヨシキとして

ノックアウトに出る日が来るかもしれませんね!

 

なんて書いてたら、

2018年3月25日に復帰してました!!w

しかも2年ぶりの試合で肘でのKO勝ち!

これは『タネヨシキ』選手の誕生もあり得るかもしれません...

 

引用:https://twitter.com/KickTane

 

スポンサードリンク

出身校は?現役高校生?

 

大阪市立中央高校在学で、

本来1999年生まれは卒業してるはずなのですが、

欠席オーバーで留年が確定し、

現在は高校4年目を迎えているそうです。

 

周りのみんなが卒業していく中、

「中央高校卒業〜!(友達は)」

とツイートしてて笑いましたw

練習ばかりして学校を休みすぎたのでしょう;;

 

4年目は普通に卒業して、

格闘技一本の生活にして欲しいですね!

そうなれば更に強くなるはずです。

 

タネヨシホの試合と強さ

 

見た目はまだまだ若いですが、

パンチもキックもヒジもヒザもすでに一流です。

派手ではないファイトスタイルですが、

試合を見ればテクニックに驚かされます。

 

首相撲が多かったりすると、

K-1ファンとかは面白くないかもしれませんね。

「タネヨシホの試合はつまらない」

というコメントも結構ありました。

 

スポンサードリンク

タネヨシホの試合

 

ここで紹介するのは、

2017年10月の

「KNOCK OUT vol.5」での能登龍也戦です。

 

能登龍也選手はローキックを武器に、

NJKFフライ級王座を獲得していて、

タネヨシホ選手との試合の前には

石井一成選手に1ラウンドKOで勝ったりと、

ノってる選手ですね。

 

首相撲から膝が刺さって

少し危ないシーンもありましたが、

上手いこと戦っています。

かなり高いムエタイ技術を持っていて

とても18歳とは思えませんよ。

何より気持ちが強いですね。

 

引用:youtube.com

 

成長著しいので今は更に強くなっています。

2018年の2月に能登龍也選手と

タイトルマッチで再戦しました。

判定でタネヨシホ選手が勝利し、

WBCムエタイ日本統一フライ級王者に輝いています。

 

タネヨシホ まとめ

 

今回はタネヨシホ選手についてまとめました。

まだあまり情報がない選手なので、

しばらくしたら追記していきます。

経歴が浅いからかSNSの写真は少ないですし、

ブログなどもないので私生活はいまいちわかりませんでした。

 

半年もすれば今よりも強く、

有名な選手になっているはずです。

神童2世と言われてるだけあって、

キックボクシング界から将来をかなり期待されているので、

しばらく要チェックですよ!

スポンサードリンク
おすすめの記事