4月7日に一件の訃報が目に入りました。

「KOICHIが事故死」というものです。

K-1ヘビー級で活躍していた貴重な日本人選手であっただけに、

とても悲しいニュースです。

まだ37歳。

あまりにも早すぎます。

 

今回は亡くなったKOICHI選手への追悼の意を込めて、

ご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

KOICHI(渡邉浩一)のwiki的プロフィール

引用:www.k-1.co.jp

 

名前:KOICHI(コウイチ)

本名:渡邉浩一

異名:日本ヘビー級の至宝

生年月日:1980年10月26日

年齢:37歳

血液型:型

出身:新潟県新潟市

身長:186cm

体重:98kg

階級:ヘビー級

スタイル:オーソドックス

所属:バンゲリングベイ・スピリット

 

18歳まではバスケットボールをやっていたものの、

当時絶大な人気を誇っていたK-1に憧れて上京。

日本人女性と結婚し日本語も流暢に話し、

現在も日本に住んでいる元K-1ファイターの、

ニコラス・ペタスに弟子入りします。

 

2005年、

RISEでのプロデビュー時のリングネームは『コウイチ・ペタス』

ニコラス・ペタスの名を一部授かっています。

 

ジェロム・レ・バンナやニコラス・ペタスとの対戦経験もあります。

 

2016年から「K-1 WORLD GP」に参戦。

K-1全盛期の格闘技人気を取り戻そうと闘っていましたが、

2017年11月23日の「初代ヘビー級王座決定トーナメント」を最後に引退宣言をしました。

 

KOICHIの戦績と獲得タイトル

 

戦績

47試合 31勝 11敗 1分 17KO勝利

獲得タイトル
  • 初代M-1ヘビー級王者
  • 初代WPMF日本ヘビー級王者

スポンサードリンク

KOICHIの入場曲は?

 

残念ながら調べても出てきませんでした。

判明次第追記させていただきます。

 

KOICHI(コウイチ)交通事故での早すぎる別れ

引用:http://newsplusalpha.net/archives/8273250.html

 

若い頃は地元のギャングにいたそうですが、

最近は自宅で映画鑑賞をするのが趣味だと話していたKOICHIさん。

ジムでの出会いが精神的な成長を促し、

穏やかな人になっていったそうです。

K-1プロデューサーの宮田充さんも、

「大人しい静かな男だが、試合中は勇敢な男だった」と話しています。

 

事故は2018年4月7日の午前7時半頃で、

東京都渋谷区の交差点で起きました。

KOICHIさんが乗るビッグスクーターとワゴン車が衝突したそうです。

 

 

ワゴン車に乗っていたのは、

「埼玉県川口市に住む29歳のアルバイト男性」

という話ですが、

ネットでは「配送業の中国人アルバイト」という話が出ています。

まだ事故原因の詳細は明らかになっていませんが、

しっかりと罰を受けて欲しいです。

 

KOICHIさんが乗っていたバイクは「TMAX」

ヤマハの大型スクーターです。

250ccの一般的なビッグスクーターよりも速いです。

 

引用:https://www.instagram.com/koichi_watanabe/

 

私も大型バイクに乗るので、

この事故を聞いたときは震えました。

気が引き締まるばかりです。

バイクに乗っていると、

自分が気をつけていても危ないことがあります。

車の相手に危険運転をされると、

こっちは吹っ飛びます。

車は凹むだけ。

ライダーは致命傷となります。

ライダーももちろんですが、

車を運転する方も日頃から気をつけて欲しいと毎日思います。

 

KOICHIはトレーナーとして活躍していた

引用:https://www.instagram.com/koichi_watanabe/

 

現役を引退してからは、

アップルスポーツカレッジでグループレッスンを行い、

たくさんの生徒を持っていました。

イケメントレーナーですね。

KOICHIさんは日本人離れした屈強な体格の持ち主で、

なおかつ性格が温厚と評判なので、

トレーナーとしても生徒から尊敬され好かれていたでしょう。

 

スポンサードリンク

KOICHIの家族は?

 

一般の方と結婚して、

2017年11月に赤ちゃんが生まれています。

 

ご家族は急な出来事に衝撃を受けているでしょう。

是非ジムの仲間や友人で支えてあげて欲しいです。

インスタではたくさんの方に囲まれるKOICHIさんの姿がたくさんあったので、

誰にでも好かれる性格だったのでしょう。

その分悲しみは大きいですね。

 

引用:https://www.instagram.com/koichi_watanabe/

 

これが最後の投稿となってしまいました。

当たり前ですが、

こんな日常を前日まで送っていたのを見ると涙が出ます。

本当に本当にお悔やみ申し上げます。

大変だとは思いますがご家族の方々はご自愛ください。

 

スポンサードリンク

KOICHIの試合や強さ

 

生前最後の試合です。

惜しくも1ラウンド20秒でKOされてしまいました。

もう年齢的にもスタミナ・スピードが落ちてしまっていますね。

ここで引退したのは勇気ある決断です。

もう戦えないと察したのでしょう。

 

引用:youtube.com

 

こちらは2017年4月の試合です。

やはりスピードがないものの、

1撃は日本人離れしたものを持っています。

ヘビー級の試合は面白いですね。

もうKOICHIさんの試合は見れないです。

トレーナーとしての活躍もできないのは格闘技界にとって大きな損失です。

 

引用:youtube.com

 

KOICHI まとめ

 

格闘技界は本当に惜しい選手を失いました。

日本人のヘビー級ファイターは貴重です。

引退していたものの、

まだまだできることはたくさんあったはずです。

さよなら日本ヘビー級の至宝。

心より御冥福をお祈り申し上げます。

 

引用:https://www.instagram.com/koichi_watanabe/

スポンサードリンク
おすすめの記事