今回は、

那須川天心との試合が注目されるシュートボクサーの、

内藤大樹選手です!

 

『ダイキ』と思われがちですが、

濁点はつけない『タイキ』選手です。

 

内藤大樹選手といえば、

やはり神童・那須川天心との試合ですが、

ここでは選手としての経歴や、

入場曲、プライベートなども紹介していきます!

スポンサードリンク

内藤大樹のwiki的プロフィール

引用:https://twitter.com/taikick0113

 

名前:内藤大樹(ないとう たいき)

本名:内藤大樹

異名:なし

生年月日:1996年1月13日

年齢:22歳

血液型:?型

出身:愛知県豊橋市

身長:172cm

体重:55kg

階級:スーパーバンタム級

スタイル:オーソドックス

所属:ストラキングジムAres

 

インスタグラム:@taiki.naito

ツイッター:@taikick0113

フェイスブック:@taiki.naito.37

ブログ:プロシュートボクサー内藤兄弟の NO BROTHER NO LIFE

 

内藤大樹の経歴

 

小学生入学前から始めた空手がきっかけで、

格闘技に興味を持ち始めます。

憧れた選手はK-1の魔裟斗さんでした。

 

相変わらず魔裟斗さんが下の代に与えた影響は凄まじいですね!

今トップレベルで活躍するたくさんの選手が、

魔裟斗さんの名をキッカケとして挙げています。

 

14歳で現在のストライキングジムAresに入門し、

シュートボクシングでプロデビューを果たします。

 

デビュー時は、まだ高校1年生!

15歳という驚きの若さでしたが、

それもそのはず。

保育園時代から始めていた空手では、

流派の全国大会で優勝まで果たした才能の持ち主です。

 

プロデビューからは怒涛の7連勝。

主戦場をシュートボクシングとしながら、

キックボクシングイベントのRISEやREBELSにも出場しています。

 

2014年11月30日には、

なんと18歳でSB日本スーパーバンタム級王座を獲得!

シュートボクシングでとんでもない才能を発揮しています。

 

そして2015年8月1日には、

『BLADE FC CUP 2015 -55kgトーナメント』の準決勝で、

現在はK-1で大活躍している村越優汰選手に勝利。

 

このトーナメントの決勝で当たったのが、

神童・那須川天心でした。

 

ここで敗れたことが、

内藤大樹選手の今を作っています。

負けてからは『打倒天心』を掲げて、

再戦、そしてリベンジすることを目標に戦い続けています。

 

内藤大樹の戦績と獲得タイトル

 

戦績

35試合 28勝 7敗 0分 9KO勝利

 

獲得タイトル

  • SB日本スーパーバンタム級王座

(2018年11月21日現在)

 

内藤大樹の入場曲は?

 

大好きなEXILEから、

楽曲をチョイスしているようですが、

どの曲なのかはわかりませんでした。

 

もしかしたら試合の時に気に入ってる曲を使用するのかもしれません!

その時の気分で入場曲をコロコロ変える選手は結構います。

 

エグザイルには有名な曲がたくさんありますし、

大ファンだからこそ選んでないのかもしれません。

 

しかしここで初めて気づいたのですが、

エグザイルを入場曲に使用している選手は初かもしれません。

自分の知る限りでは意外にもいない気がします。

 

スポンサードリンク
 

内藤大樹の出身校は?

 

出身高校は、

地元愛知県豊橋市にある桜丘高校です。

中高一貫教育を行っている私立高校で、

部活が活発なため有名スポーツ選手を多く輩出しています。

しかし内藤大樹選手は、

高校時代から現在のジムに通っているので、

部活には所属していなかったと思います。

 

大学も地元の愛知大学に進学し、

無事卒業しているようです。

 

スタートからジムを変えずに、

地元で続けている格闘家は多いですよね。

いかに最初に選んだジムが重要かわかります。

今も愛知県豊橋市に住んでいるので、

地元愛が強い選手ですね!

 

内藤大樹はシュート三兄弟の1人

 

内藤大樹選手には兄弟がいます!

三兄弟で同じジムに通い、

全員がプロのシュートボクサーとして活躍しています!

 

兄・内藤凌太(ないとう りょうた)24歳

22戦 13勝 7敗 2分

 

引用:https://www.instagram.com/ryota.n3b/

 

弟・内藤啓人(ないとう けいと)19歳

6戦 3勝 3敗

 

引用:https://www.instagram.com/ryota.n3b/

 

内藤大樹選手は22歳で三兄弟の真ん中、次男です。

 

戦績だけを見ればまだまだですが、

みんな若いので今後のシュートボクシング界での活躍が期待できます!

 

内藤兄弟が所属する、

ストライキングジムAresには、

SB世界スーパーライト級王者の鈴木博昭選手も所属しています。

この『全身凶器の怪物くん』は師として、親友として、

3人に絶大な影響を与えています。

 

内藤大樹の試合と強さ 那須川天心との再戦

引用:https://www.instagram.com/taiki.naito/

 

シュートボクシングでは同門の鈴木博昭選手に追いつけ追い越せと、

かなり優秀な戦績を残しているのですが、

キックボクシングとなると苦しんでいます。

シュートで結果を出している分、

キックで強敵と当たることが多いのも原因としてあります。

 

試合では常に冷静で、

後半でも感情的にならずにしっかりと見えています。

打ち合いでの当て感の良さなど、

選手として良い部分はもちろんたくさんあります。

スピードがあるわけではないですが、

ガードの上からでもダメージを与える右の蹴りと、

強烈な膝も持っています。

 

スポンサードリンク
 

RIZINで見せたシュートのキック

 

2018年8月12日の『RIZIN.12』では、

般若HASHIMOTO選手にダウンを奪われながらも、

内藤大樹選手は終始落ち着いていて、

2ラウンドでは3度のダウンを奪いKO勝利しました。

 

この時に見せたキックがどれも強烈で、

ハイ・ミドル・ローどれでも的確に当てています。

 

当て感と冷静さでその強さを見せていました。

 

必ず欠かせないのが那須川天心との二試合 結果

引用:https://www.instagram.com/taiki.naito/

 

とにかく那須川天心戦。

これに全てをかけている選手です。

1度目の敗戦から「時間が止まっている」と話すほど、

2015年8月1日『BLADE FC CUP 2015 -55kgトーナメント』の決勝で、

那須川天心に負けたこと

内藤大樹選手のキャリアに大きな影響を与えました。

この時の試合では、

1ラウンドに3度のダウンを奪われ完敗しています。

 

そして2018年11月17日のRISE.129で

那須川天心選手との再戦を決めました。

 

多くのファンが当然のように

『那須川天心の勝利』を予想していますが、

何が起こるかわからないのが格闘技の面白さです。

どんな選手でも一瞬の油断で試合に決着がつきます。

 

もちろん那須川天心選手が油断するとは思えませんが、

内藤大樹選手には何かやってくれることを期待してしまいます。

 

スポンサードリンク
 

実は那須川天心選手と、

今まで再戦したことがある選手は村越優汰選手だけ。

(藤田大和選手とも再戦を果たしていますが、二試合でルールが違いました。)

 

ここがポイントで、

村越優汰選手は一試合目に2ラウンドTKOを喰らいますが、

再戦を果たした二試合目では、

判定にまで持ち込んでいます!

 

なぜ一試合目で負けたのか、

那須川天心のどこに穴があるのか、

一試合目で少し見えたのでしょう。

それを突き詰めていけば必ず勝機があります!

 

リベンジに燃えている内藤大樹選手が、

ただ練習をして試合に挑むとは思えません。

対策を練ることにものすごい時間と労力をかけたはずです。

 

2回目の那須川天心戦 試合結果

 

序盤からロー・ハイと、

キック中心に攻めていきますが、

那須川天心のコンビネーションに対応できていません。

 

キックは当てながらも、

パンチを放てないままジリジリと詰められて、

那須川天心の重い左ストレートに沈みます。

 

試合は残念ながら1ラウンド3ノックダウンで、

内藤大樹選手のKO負け。

 

試合後には内藤大樹選手が、

「3年間ありがとう」と声をかけました。

この3年間は、

『打倒・那須川天心』でひたすら練習に励んでいただけあって、

とても重い言葉でした。

それに対して泣きながら感謝する那須川天心・・・

 

毎回対戦相手を本当にリスペクトしていて、

選手としてパーフェクトですね;;

ファンが多いのは強さ以外にも、

こういった内面・人間性にみんな惹かれるんでしょうね。

 

内藤大樹(シュート) まとめ

 

兄弟の誰か1人が成長すると、

間近で見ている他の兄弟が著しく成長する傾向があります。

まだまだ若い内藤3兄弟の今後が楽しみです!

 

キックの世界で、

常に話題の中心にいるのは那須川天心です。

誰もがその首を狙い一旗上げようとしています。

そんな選手の良きライバルとして、

内藤大樹選手は今後も活躍を続けることができるのでしょうか!?

リベンジを誓った那須川天心との再戦は、

惜しくも砕け散ってしまいましたが、

これでさらにさらに成長するはずです!

 

シュートの内藤大樹選手をこれからも応援していきましょう!

スポンサードリンク
おすすめの記事