2019年3月10日(日)

さいたまスーパーアリーナで開かれる新生K-1最大のイベント『K'FESTA.2(ケーズフェスタ2)』

とうとう来ましたねこの時期が!

年末のイベントはRIZINに取られてしまいましたが、

新生K-1では3月がメインです!!!

 

ここでは木村ミノル選手と

和島大海選手の試合について、

それぞれの強みや特徴、勝敗予想をしていきます。

試合後には試合結果と試合内容についても追記していきます!

スポンサードリンク

K'FESTA.2(ケーズフェスタ)とは

引用:https://www.k-1.co.jp/news/28139/

 

今年で2回目の興行です!

去年は第4代スーパーフェザー級王座決定トーナメントが開催され、

武尊選手がK-1史上初の3階級制覇を達成しました。

 

毎年3月にK-1のスター選手たちが集まり試合をする、

ファンはもちろんK-1選手にとっても夢の舞台!

それが『ケーズフェスタ』です!

今年でまだ2回目ですが、

新生K-1最大のイベントとしてすでに周知されていますね。

 

今年は『日本vs世界』と称した7試合が行われる他、

多くのタイトルマッチが行われます!

クルーザー級でシナ・カリミアン vs 加藤久輝、

ライト級で卜部功也 vs 林健太、

フェザー級で村越優汰 vs 卜部弘嵩、

ウェルター級で久保優太 vs 城戸康裕、

その他スーパーマッチも見逃せないメンツが揃っています!

 

【K-1】木村フィリップミノルの強さ

引用:https://www.instagram.com/minoru_kimura/

 

 

木村フィリップミノルは、その見た目の通り純粋な日本人ではなく、クォーター。

母が日系ブラジル人、父がイタリア系ブラジル人です。

 

現在までの戦績は、35戦26勝19KO9敗1分け

K-1には、2014年11月から参戦しています。

 

負けた相手は左右田泰臣、ゲーオ・ウィラサクレック、野杁正明、西川康平、ジョーダン・ピケオー、久保優太

全体的な強さから見るに、「上の上」と「上の中」の、その間にいるような選手です。

 

試合前のビッグマウスと、勝っても負けても試合内容は派手。

魔娑斗曰く「木村ミノルの試合に外れなし

 

更にビッグマウスを放ちながらも『実は良い奴』という人柄なので、人気は抜群です。

新生K-1旗揚げから参戦している選手で、既にK-1の顔といっても過言ではありません。

 

武器は何と言ってもパンチですね。

速さ、重さ。

ウェルター界隈の日本人選手ではナンバーワンでしょう。

 

2018年日本人相手には負けなし。

平山迅、山際和希、塚越仁志といった格下でしたが、

このレベルは相手になりませんね。

 

戦慄のブラジリアンフックの異名の通り、

3人の内2人を左フックで仕留めています。

 

ただし長いことメンタル面での成長が課題とされていて、

試合の流れを持ってかれるとどんどん勢いがなくなっていきます。

日本人相手連勝連続KOで復調が噂されてきた中で、

直近のピケオーとの試合では、まさにフルボッコ。

完敗を喫しています。

あの試合をどう乗り越えてきたかが今回の和島大海戦に大きく影響してきそうです。

 

スポンサードリンク
 

【K-1】和島大海の強さ

引用:https://twitter.com/waji_gessinkai

 

小学校2年生の時に、琉球少林流空手道月心会に入門。

そのバックボーンを活かし、K-1 -70kgのアマチュア大会で輝かしい成績を残します。

 

2戦目でMAX後期から活躍している中島弘貴に敗れますが、

デビューの対神保克哉戦でのKO勝ちを皮切りに、

勝利は全てKOで終わらせています。

 

スタイルはサウスポー。

武器は空手家らしく、左ミドルと膝ですね。

左ミドルの重さは目を見張るものがあります。

 

そして、決してパンチがないというわけではありません。

右ジャブは若干ぎこちないようなところがありますが、

左のストレートはよく伸びています。

 

現在までの戦績は、11戦9勝9KO2敗

2敗は上述の中島弘貴選手と、木村フィリップミノルも戦ったジョーダン・ピケオー。

 

このジョーダン・ピケオーに両者負けているのですが、

この対ピケオー戦でのパフォーマンスが、

和島対木村の結果予想をするよい材料になりそうです。

 

【K-1】木村ミノル vs 和島大海のファイトスタイル比較

 

木村フィリップミノルの強みは何と言ってもそのパンチ力。

「剛腕」且つ回転力も抜群です。

 

木村フィリップミノルが名をあげたのは対ゲーオ・フェアテックス戦でしょう。

当時、山崎秀晃、久保優太、左右田泰臣を下してアンダー65kgの絶対王者的

存在だったゲーオから左フックでダウンを奪い僅差の判定勝利。

 

正直判定は微妙な感じでしたが、その衝撃はすさまじかったですね。

なんせゲーオが優勝したトーナメントでの初戦敗退の選手が優勝者を倒したのですから。

そして、初戦敗退の木村フィリップミノルにそのチャンスが与えられることも、

彼が放つ抜群のカリスマ性がなせる業だと思います。

 

私的にベストバウトは対HIROYA戦。

ローに合わせた右ストレートは美しく、締めは荒々しい連打。

蹴りはほとんど出さずに、木村フィリップミノルの重く回転の速いパンチが

存分に機能した試合でした。

 

自分のリズムで戦えればかなりの戦闘力を見せてくれます。

そして豪快に勝つとクリス・ユーバンク・ジュニアを模倣したカメラをガン見してドヤ顔のパフォーマンス。

 

戦前から戦後まで、最高のエンターテイメントを提供できる選手という事です。

 

弱みは打たれ弱い事

倒れ癖というのは、どうしてもついてしまいます。

 

2015年から2017年は負けが込んじゃいました。

ゲーオに雪辱を果たされると、野杁正明、格下の西川康平、MMAルールながら、

チャールズ・ベネットには開始数秒で仕留められています。

 

木村ミノルは脆い

 

この頃からそうささやき始めました。ピンチの状況から巻き返した事は今まで一度もありません。

キックボクシング界のホルヘ・リナレスのような感じでしょうか。

 

そこに和島の勝率を上げるポイントもありそうです。

 

和島大海の強さは、空手家らしく蹴り。

特に左のミドルと膝です。

 

和島大海の身長は180cm。

通常は-70kgを主戦場としています。

 

どことなく、旧K-1ヘビー級の武蔵選手を思わせるようなスタイルですね。

同じ空手がバックボーンなので、リズムが似ているからそう思ってしまうのかもしれません。

 

身長が180cmと高いので、射程距離の長い左ミドルが魅力です。

もちろん、体重の乗ったローも強烈。

ローで相手を崩し、左ミドルかパンチで仕留めるというパターンが多いです。

そして耐久力もあります。

 

結果負けてはいますが、

ジョーダン・ピケオーに、日本人で一番強かったと言わしめました。

 

欲しいのはスピードと、パンチの多彩さ。

空手家なので、直進的な動きしかないのが寂しいところです。

 

メンタルの強さはピケオー戦で見せましたし、

あとは経験を積めば、K-1 -70kgの中心選手になることは間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク
 

【K-1】木村フィリップミノル vs 和島大海 試合勝敗予想

引用:https://www.instagram.com/minoru_kimura/

 

この2人の試合は、68kg契約で行われます。

今までの実績から言えば木村ミノルの勝利が妥当なところですが、

西川戦のようなチョンボを見せてしまうのも、

木村フィリップミノルの魅力?の一つなのです。

 

SNS等では、「ひょっとしたら」という枕詞のもと、

和島大海が勝つ可能性も捨てきれないという意見が多いですね。

 

私は和島大海の判定勝ちと予想します。

KO勝ちすらあるかもしれません。

 

気になるのは2人の身長差。

この身長差で前蹴りを決めれれば、木村ミノルフィリップはそうそう入ってこれないでしょう。

 

そして重い左ミドルとローキック。

木村フィリップミノルのパンチ射程外で戦えれば、十分効かせられます。

 

木村フィリップミノルに付き合ってしまい、

パンチの交錯をインファイトでするならば、

木村フィリップミノルの勝率も上がるでしょう。

 

ですがそれでも尚、和島大海にはピケオー戦で見せた抜群の粘り強さがあります。

ピケオーに判定までいった和島大海が、

木村フィリップミノルにあっさりとKO負けてしまうとは考えにくいですね。

 

同じ対戦相手に対するパフォーマンスの違いは、

あくまで判断材料の一つにしかなりませんが、

4度ダウンをした木村フィリップミノルと、

僅差の判定までいった和島大海では、

さすがにその差が出てくると思いますよ。

 

そろそろ、新しい日本人中量級選手が出てきてほしいところ。

その可能性、和島大海に十分有りです!

 

【速報】木村フィリップミノル vs 和島大海 試合内容と結果

 

1ラウンド序盤にまだ力のある状態から仕掛けにいく木村ミノル選手に、

距離を取らせて立ち回ろうとする和島大海選手でしたが、

ガードの上から貰ったストレートが効いてしまい、そのまま連打でノックアウト。

 

結果は木村ミノル選手のKO勝利。

パンチ力の違いを見せつけました。

スポンサードリンク
おすすめの記事